リフォーム業者の営業と工事請負者が同じ人である場合にはお客様の注文や苦情等などがダイレクトにつながりやすいので、そういった意見を通したい場合にはとてもオススメできます。

小さな工務店・建設会社の場合には社長の息子が営業や現場監督をしていることおおいのでこの者がもっとも責任感があり、信用できる社員の可能性も高い確率でありますので、この方を指名してお話をすることもかなり良いかと思います。

現在では前払い制や契約金が無料になっている工務店さんも多くなってきています。この場合には材料費などは業者さんが銀行にお金を借りて仕入れている可能性がありますので、急なとりやめをする時にはキャンセル料が発生する可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る