窓の結露は冷えたコップに水滴が付くのと同じ原理となっており、あたたかく湿った空気が冷やされ、空気中の水蒸気が水滴になってしまう現象のことです。
冷たい水をそそぐとコップの外側がクモって水滴が付くのも原理は結露と同様です。

二重構造になったグラスは、普通のグラスに比べて結露を抑えることが出来ますが、窓も同様で、簡単なリフォームでガラスを二重にした複層ガラスの窓にしたり、内窓を取りつけて二重窓にして熱を伝わりにくくすることによって外が寒くても結露を発生しにくくすることが出来ます。

またアルミサッシではなく熱を伝えにくい樹脂フレームであればさらに結露の発生を防ぐことが可能となっています。これによって冬場や梅雨時などの結露の対策をおこなっていただくことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る