屋根のリフォーム、葺き替えについて知っておこう!

屋根のリフォームを考えているなら、葺替えや重ね葺きについて知っておきましょう。

屋根の葺替えは、表面部分の補修だけでなく全面的な屋根のリフォームの事であり、建物の状態によっては下地部分から丸ごと新品に交換する事を意味しているのです。

重ね葺きは葺替えよりも小規模な補修工事なので、工期が短くて費用も抑えられますが、下地が損傷している場合には工事できないのです。

葺替え工事は長期的に考えるとトータルなコストを抑えられると言われていますが、工期が長いので工事中に雨漏りするリスクなどもあるのだそうです。

屋根は素材によって強度が異なっていて、ストレート屋根は20年くらいで寿命になるという事ですし、瓦屋根は30年くらいでメンテナンスが必要なのだそうです。

災害対策のために、屋根のリフォームを考えてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る